2015年11月30日

共感が人を繋ぎ、助け合いで生まれた技術が人を支える。

先週水曜日、一般社団法人 未来マトリクスの学生ミーティングに参加してきました。
12250180_1523411774640897_6037325293114189638_n.jpg
(写真は未来マトリクスさんのFacebookよりお借りしました。)

「未来マトリクス」とは何かと言うと、共感と助け合いの考え方に基づく「共感工学」によって学生と企業を繋ぐ、産学連携のモノづくりプラットフォームです。

共感工学は、今年のTEDxNagoyaUにて名古屋大学大学院教授の宇治原先生がお話されていた考え方ですね。

logmi:共感と助け合いのモノづくりが、世の中をもっと効率的にする? 人の心の動きをデザインする共感工学とは


このTEDxNagoyaUの場に僕もオーディエンス(聴衆)として参加していて、僕自身も将来は「人と人を繋ぐモノづくり」をしていきたいと考えていたので、休憩時間のときすぐに宇治原先生にお話しに行きました。

そこで「来てみないか」とお誘いいただいたのがこの未来マトリクスなんですよね。

そのときは7月で、まだまだ岐大祭の企画に集中していたので長いこと行けませんでしたが、先週ようやく行けました。
今後も行ける週は毎週、学生ミーティングのある名古屋大学へ通います。

■人と人を繋ぐモノづくりが何故重要か

ここからは最近よく聞かれる「将来どうしたいの?」という自分の話になりますが、その答えである「人と人を繋ぐモノづくり」について書いていきます。

この場合の「人と人」というのは、学生と企業人という場合もあれば異業種・異業界の企業間であったり、お客さんとお客さんであったり様々です。

「なんで人と人を繋ぐのが重要なの?」と言うと、もちろんこれは手段であってその先には2つの狙いがあります。

@課題解決の可能範囲を広げること。
A日本の製品を海外にもっと売り込むこと。

@課題解決の可能範囲を広げる

今までに無かった新技術を生み出すのももちろん重要です。
でも冒頭で紹介した宇治原先生の動画からも垣間見えますが、既存の技術で解決できる課題もまだまだあります。

例えば僕が長期実践型インターンシップで開発(プロデュース)した工業用工具は大型の展示会を経て来年市場投入されるところまで行けたわけですが、やったのは「ニーズに合わせて既存の技術を組み合わせた」ということです。

世界中で売れているiPhoneも、実は「既存の技術を斬新な形で組み合わせた代物」らしいというのは有名な話でしょうか。

先日植松努さんの講演で聴いた、「自社ロケットの素材は鉄より強いプラスチックを使っているが、それはホームセンターで買える。」という話や、「任天堂のゲーム"Wii"に搭載されている角度調節のセンサーは、ロケットのものより高性能。」という話は流石にビックリしましたが‥笑

技術って、意外なところで発展してたりするんですよね。
特に日本の技術力は高いと感じていて、例えば日本の携帯はガラパゴス携帯(ガラケー)とかって揶揄されてるじゃないですか。

海外から入ってきたスマホに食われたのは周知のとおりですが、その後どうなったか。

防水防塵やBluetoothといった、日本独自の機能(ガラパゴス機能)が海外から入ってきたスマホにも移植されていったんですよね。
ガラパゴススマートフォン(ガラスマ)とも呼ばれているそうですが、androidのスマホがそれです。

つまり、日本ってニーズに応える力(技術力)自体は高いんですよね。
GALAXYやiPhoneの部品も、半分以上は日本製だそうで。

あとはニーズに対する的確な課題解決が出来るかなんですが、これって人の感覚に左右される部分が大きいと感じるんですよね。
環境問題や格差問題など社会には問題が山ほどあるわけですが、それぞれどの程度問題だと感じるかは人それぞれじゃないですか。

でも何かの問題に積極的に関わってる人が全ての技術を知っているわけではないし、全ての業界・分野に関わっているわけではない。
だからこそ、分野や業界を越えた人を繋いで課題解決が出来れば、と考えています。

A日本の製品を海外にもっと売り込む

僕は工具開発のインターンを日本の商社でやっていたのですが、最終的には海外のメーカーと提携したんですよね。
その工具の業界では日本が最先端と言われており、「日本の市場で売れる製品は後々世界の市場でも売れる。」という話もありました。

そういう背景もあり元々日本の市場の情報が欲しかったそうなのですが、そのメーカーはこちらが求める技術を得意とする企業だったので良い具合にマッチしたんですよね。

そして今度はこれを逆転させ、海外の商社と日本のメーカーを繋げればもっと日本の製品は売れる、と考えています(海外は商社が少ないそうですがマーケティングの強い企業など)。

「日本の製品売って何になるの?」と言うと、まず第一に外貨を入れることで経済を回復させたいです。
今の日本は全体的に元気が無いように感じますが、バブル崩壊後の不景気が影響してるのかなと。

もちろん貿易が黒字になって景気が回復したところで、国民全体の賃金が上がるわけではないかもしれません。
しかし少なくとも、景気が回復に向かうことで「お?日本まだいけるんじゃない?」という雰囲気が醸成できるはずであると考えています。

そこで活気付いて、各々のやる気が上がっていけばそれぞれの賃金も上がっていくのではないかと。
そしてそうやって大人が元気になれば、自然と子どもも元気になります

それだけでなく、世界における日本のモノづくりの評価が再び高まれば、自国に対する誇りというのか愛着というのか、そういったものにも繋がると感じるんですよね。

僕自身、モノづくりに進んだ動機は海外の人が「メイドインジャパンは最高だ!」って言ってるのを昔テレビで観て憧れたからなので、そういう憧れ(希望)を与えたいと考えています。

特に、以前に書いた記事で紹介したTEDxの冒頭にあるように、日本は現在「先進国で一番希望が見つからない国」です。

そういった現状を少しでも変えることが、僕の最終目標(ゴール)かなと自己分析しています。
====================
このブログについて
====================
当ブログにおける記事は、ぎふマーブルタウン実行委員会代表 住田涼の個人的な著述です。

====================
ぎふマーブルタウンとは?
====================
NPO法人コラボキャンパス三河が展開する「マーブルタウン」の岐阜版です。

マーブルタウンは子どもたちが自分たちの力で挑戦し、 まちを形成していくことによりそれぞれの自立性、協調性、発想力を育むことが目的の事業です。
成功も失敗も自由に許された環境と、子ども達が自発的な"遊び"の中で「夢や希望を持ち、その実現のためなら困難にでも立ち向かう力」を育みたいと考えています。

マーブルタウンはドイツのミニミュンヘンを参考とした、期間限定で出現する仮想都市。
2014年時点では日本全国の約80箇所で確認されている「こどものまち」事業の一つです。
参加者(国民)は小学生全学年を対象としています。

【実行委員会の目的】
@子どもの「生き抜く力」を引き出すために。
A街ぐるみで子どもを育む環境を創るために。
B岐阜を「日本一の共育都市」へ。

<ホームページ>
http://marbletown.wix.com/gifu

<Facebookページ>
https://www.facebook.com/marbletown.gifu/

<Twitterアカウント>
https://twitter.com/marbletown_gifu

スポンサーリンク


posted by すみた りょう at 23:22 | Comment(0) | ものづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

====================
このブログについて
====================
当ブログにおける記事は、ぎふマーブルタウン実行委員会代表 住田涼の個人的な著述です。

====================
ぎふマーブルタウンとは?
====================
NPO法人コラボキャンパス三河が展開する「マーブルタウン」の岐阜版です。

マーブルタウンは子どもたちが自分たちの力で挑戦し、 まちを形成していくことによりそれぞれの自立性、協調性、発想力を育むことが目的の事業です。
成功も失敗も自由に許された環境と、子ども達が自発的な"遊び"の中で「夢や希望を持ち、その実現のためなら困難にでも立ち向かう力」を育みたいと考えています。

マーブルタウンはドイツのミニミュンヘンを参考とした、期間限定で出現する仮想都市。
2014年時点では日本全国の約80箇所で確認されている「こどものまち」事業の一つです。
参加者(国民)は小学生全学年を対象としています。

【実行委員会の目的】
@子どもの「生き抜く力」を引き出すために。
A街ぐるみで子どもを育む環境を創るために。
B岐阜を「日本一の共育都市」へ。

<ホームページ>
http://marbletown.wix.com/gifu

<Facebookページ>
https://www.facebook.com/marbletown.gifu/

<Twitterアカウント>
https://twitter.com/marbletown_gifu
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。