2015年11月28日

地方演劇は活性化するか否か

時間が経つのは早いもので、もう1ヶ月もすれば年末ですね。
image30.jpg
今日は演劇の活性化について少し書いてみます。
(写真は母校の高校演劇ですが、今回書くのは中小規模の社会人劇団さんの劇の話です)

ちなみにブログタイトルは地方創生に関わる方なら知っているかと思いますが、石破 地方創生大臣も絶賛だった某Webマンガのパクリですね。笑

最近読んで面白かったので、またレビューでも書いてみたいなと考えていたり。(わざわざリンクパーツ貼ったのは、単に使ってみたかっただけです。)

■そもそも演劇の認知度は?

さて。本題ですが皆さん、社会人劇団の演劇を観たことはありますか?

おそらく劇団四季ならあるよーって方なら多いでしょう。

例えば東海圏なら(というより僕の周りでは)、試験管ベビーさんや劇団あおきりみかんさん辺りが人気なように感じます。

が、それはおそらく普段から演劇が好きだったり、演劇部に所属するなど舞台に関わったことがある一部の間での話でしょう。

「演劇 名古屋」でGoogle検索した結果の1番目に出た口コミ&チケット予約のサイトで、東海の注目ランキングを見てみた結果がこちら。
プレゼンテーション1.jpg

・・・嘘でしょ??

"観てきた数"がたった2人でトップ2入り‥これ、月間の集計ですが今日はもう28日ですよ。。

いやぁ‥予想していた以上に過疎ってますね。

ということで、中小規模の演劇を活性化するにはどうしたらいいのか考えてみます。

■ヒントは、地域活性化の視点から。

ここで、冒頭で紹介した「地方は活性化するか否か」よりこんなセリフを紹介。

つまりー お金をかけて「にぎわいを作る」イコール「地域活性化」じゃないってことですかー?

カネが無い「地方」は「カネでにぎわいを作る」んじゃなくて‥
「にぎわいでカネを作る」ようにしないといけないんだよ
わかるか ふたりとも この矛盾が?


もちろんお金をかけずにやれて面白い演劇も稀に見かけるんですが、舞台装置や衣装小道具は基本的に毎回作り直し・買い直しだったり、広報費や会場費(練習場所代も)などなどが積み上がっていくわけです。

演劇で食べていきたいとなると、そこから更に給与までかかりますね。

そこで収益を上げようと考えたときに出来ることは、おそらくこの3つ。

@支出を減らす。
A客単価を上げる。(チケット代上げたりグッズ販促など)
B客を増やす。

@Aは、「もう既にギリギリだよ!」というところが多いように感じます。

しかしBの集客に関しては、苦戦している(=伸びしろがある)ところが多いのではないでしょうか。

僕の知人にも「演劇は好きだけど、チケット売るのが大変で劇団を抜けた。」って方は実際にいます。(チケット販売枚数にノルマがあるところは少なくないです。)

ここで一つ考えてほしいのですが、同じような悩みを持っているのは果たして演劇だけでしょうか?

■外に目を向けてみる。

練習場所の代金や設備・備品でお金が必要だけど、広報や集客もなかなか進まずチケットも売れない‥どこかで聞いたことありませんか?

はい、音楽バンドですね。

それで実際に上手くいく人いかない人は分かれますが、刺さる場合にはとても刺さる彼らの集客方法がそう、路上ライブです。

「え、路上で演劇やるの?」と思った方もいるかと思いますが、やろうと思えば意外と出来る気はします。

寸劇(ちょっとした短い劇)を作り込んで見せるのもアリですが、アドリブをやるのもアリでしょう。

僕の母校の演劇部では度々、「シチュエーション」と呼ばれるアドリブの寸劇をやることがあって。

それを上手くやれれば、結構面白いんじゃないかと感じたんですよね。

■観客と一緒に楽しむ。

シチュエーションではまず[1]舞台に出るキャストを決めます。1回辺り5人ぐらいですかね。

もし「やってみたい」という観客が現れたら、観客も交えていいでしょう。

次に[2]お題を設定します

@季節
A時間
B場所

それぞれで決めて組み合わせるので、例えば「冬の夜の学校のプール」とか「バレンタインの朝の電車」とか無限にお題は分岐します。

よくあるシチュエーションになるのか無茶振りみたいなシチュエーションになるかは、お題を決めたりシチュエーションを途中で区切る「進行役」次第ですね。

観客も交えながら決めると観客が観てみたいシチュエーションの劇が観れるので、そういった楽しみもあります。(同時に、どういう劇にニーズがあるかの調査も自然とできますね)

お題が決まると今度は、[3]スタート時に舞台上にいるキャストを決めます。これは最低1人という感覚ですかね。

そして[4]実際に開始し、3分ぐらいを目安で切ります

キャストは出たりハケたりしてもいいですが、全員1回ずつは出ようって感覚ですね。
スタート前や舞台の外で待機しているときに簡単な打ち合わせもOKです。

アドリブ劇なので、役は自分で勝手に決めます。
ハケた後また出るときは役を変えて出てもいいです。

あとは[5]出るキャストを変えつつひたすら回していくという流れですね。

おそらく路上バンドの倍ぐらいの広さがあればできますし、機材も特に要らないので手軽にできるかと。

必要なものがあるとすれば、舞台上と袖の境目を知るためのテープか紐ぐらいです。

■地方演劇は活性化するか否か

路上バンドみたいな派手さは無いですが、動きがあるというのと路上で寸劇やってるなんてほぼ無いというのとで注目は集まるでしょう。

広告ほどお金もかからず、しかし少なくとも広告よりは効果も出るのではないでしょうか。

何故なら今の時代、競合も多くて情報も溢れてるので多くの場合「知ってもらう」だけでは不十分だからです。

いかに、体感してもらえるか。

特に演劇は知名度すら低くて、演劇って言うといまだに「ああ!ロミオとジュリエット?」って聞かれるんですよね。

いやいや、もっとフランクで非日常的だけど惹きこまれる劇もあるんですよーというのは、劇場という箱に閉じこもっているままでは伝わらないのではないでしょうか。

もっと外へ出て、人々の日常に侵食していきましょう。

路上で劇が観られる時代。来たら楽しいなぁ。

※ちなみに路上ライブもそうですが無許可でやると道路交通法違反になります。許可はきちんと取りましょう。
====================
このブログについて
====================
当ブログにおける記事は、ぎふマーブルタウン実行委員会代表 住田涼の個人的な著述です。

====================
ぎふマーブルタウンとは?
====================
NPO法人コラボキャンパス三河が展開する「マーブルタウン」の岐阜版です。

マーブルタウンは子どもたちが自分たちの力で挑戦し、 まちを形成していくことによりそれぞれの自立性、協調性、発想力を育むことが目的の事業です。
成功も失敗も自由に許された環境と、子ども達が自発的な"遊び"の中で「夢や希望を持ち、その実現のためなら困難にでも立ち向かう力」を育みたいと考えています。

マーブルタウンはドイツのミニミュンヘンを参考とした、期間限定で出現する仮想都市。
2014年時点では日本全国の約80箇所で確認されている「こどものまち」事業の一つです。
参加者(国民)は小学生全学年を対象としています。

【実行委員会の目的】
@子どもの「生き抜く力」を引き出すために。
A街ぐるみで子どもを育む環境を創るために。
B岐阜を「日本一の共育都市」へ。

<ホームページ>
http://marbletown.wix.com/gifu

<Facebookページ>
https://www.facebook.com/marbletown.gifu/

<Twitterアカウント>
https://twitter.com/marbletown_gifu

スポンサーリンク


posted by すみた りょう at 12:48 | Comment(0) | 社会をより良く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

====================
このブログについて
====================
当ブログにおける記事は、ぎふマーブルタウン実行委員会代表 住田涼の個人的な著述です。

====================
ぎふマーブルタウンとは?
====================
NPO法人コラボキャンパス三河が展開する「マーブルタウン」の岐阜版です。

マーブルタウンは子どもたちが自分たちの力で挑戦し、 まちを形成していくことによりそれぞれの自立性、協調性、発想力を育むことが目的の事業です。
成功も失敗も自由に許された環境と、子ども達が自発的な"遊び"の中で「夢や希望を持ち、その実現のためなら困難にでも立ち向かう力」を育みたいと考えています。

マーブルタウンはドイツのミニミュンヘンを参考とした、期間限定で出現する仮想都市。
2014年時点では日本全国の約80箇所で確認されている「こどものまち」事業の一つです。
参加者(国民)は小学生全学年を対象としています。

【実行委員会の目的】
@子どもの「生き抜く力」を引き出すために。
A街ぐるみで子どもを育む環境を創るために。
B岐阜を「日本一の共育都市」へ。

<ホームページ>
http://marbletown.wix.com/gifu

<Facebookページ>
https://www.facebook.com/marbletown.gifu/

<Twitterアカウント>
https://twitter.com/marbletown_gifu
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。